MENU

iPhoneに機種変更してびっくりしたこと

ガラケーからスマホに機種変更する際に、
iPhoneにして便利になったと感じる点が多数ある反面、
今まで当たり前のように使っていた機能が実は使えずに驚いたことが多々あります。

 

まず、赤外線通信機能が使えない事です。
連絡先の交換をする時などに欠くことのできない機能なのでかなり不便に思いました。

 

その為、機種変更してしばらくのうちは、
手書きのメモを相手に渡すという古典的な方法で交換することとなりました。

 

代替の方法として、QRコード読み取り専用や、
アドレス交換専用のアプリを入れることとなりますが一手間かかってしまいます。

 

次に、ワンセグが未搭載です。
移動が長い時や、気になるスポーツ観戦を外出先でもリアルタイムでしたい時などには不便を感じます。

 

iPhoneのカメラ機能はとても優秀で綺麗な写真や動画がたくさん撮影できるのですが、
それを保存する際にも不便を感じました。
SDカードが使えないのです。

 

もともと大容量なiPhoneですが、
動画等容量が大きいものを複数保存しているうちに
気が付くとメモリがピンチになってしまうこともあります。

 

定期的にiTunesにデーターを移しておくようにしなくてはなりません。
コンビニなどにいく際に小銭不要で外出して、
その場で携帯をかざすだけで支払いができる
便利なお財布携帯機能も非搭載です。

 

会社の昼休みにちょっと買い物に出る時に、
今までは携帯だけ持ってでていたのにお財布も持たなくてはならず不便を感じています。

 

使いこなすと色々と便利なことも多い反面、
ガラケー時代に日々の生活で必須だった機能が使えないという部分もあり、驚いています。

ホームボタンが壊れやすい

私のiPhoneは、購入して数日でホームボタンが効かなくなり、
初期不良ということで返品をしてもらったものです。

 

あれから1年ほど経ちましたが、また効きが悪くなってきました。

 

1日に何百回も何千回も触る、iPhoneにはなくてはならない機能なので、
効きが悪くなるのも当然のことかとは思います。

 

実際ネットで調べてみると
「効かないiPhoneのホームボタンを直す方法」
「iPhoneのホームボタントラブルはこう対処する 」
というようなまとめがたくさん検索結果として出てきているので、
皆さん同じようなご苦労をしているのでしょう。

 

でも今までにもこのような話はなかったことではないと思うので、
本体を作るとき、または設計をするときなどに、
そこの部分を強化するというか、
効きが悪くならないようにリニューアルすることはできないのものなのかなぁ、
という疑問もあります。

 

実際にいざ壊れてしまっても
ホームボタンを使わずに操作する方法などもあるようなので、
そこまで真剣に考えなくていいことなのかもしれませんが、
気になるところです。

 

私もホームボタンが壊れてしまっても、
たぶんiPhoneユーザーを辞めることはないと思うので、
たいしたことじゃないのかもしれませんね。

ガラケーからiPhoneになって困ったこと

周りがどんどんスマホになっていく中、私は頑固にガラケーを使っていました。
でもとうとうガラケーを卒業してiPhone5になりました。

 

iPhoneになって困ったことは、片手で操作が出来ないことです。
ガラケーのときは片手でメールをしたりしていましたが、
iPhoneになると持っている方の手では画面の端まで指が届かないので片手で本体をもち、
もう一方の手で操作しないといけなくなりました。

 

両手を使うので料理しながらなど、
何かしながらメールを打つのが難しくなりました。
そして、なんといっても、ガラケーのボタンの押し心地に慣れているので、
文字を打った感じがしなくて誤字脱字が増えてしまいました。

 

文字の入力の仕方もガラケーとは違うので、
メールを作るのがとても遅くなりました。
今では慣れてきて早くなりましたが慣れるまでは時間がかかりました。

 

両手を使うので、肩こり症の私は以前より肩が凝るような気がします。
特に寝る前もベッドで携帯をさわるので、肩が凝ります。

 

それから困っていることは、文字が小さいことです。
iPhoneは画面が小さいのでとても見にくいです。
どうせ両手で操作しないといけないなら、
大きい画面のスマホが良かったかなと思いました。

iPhoneは操作が分かりにくい

今までガラケーを使っていましたがiPhone5を使うことになりました。
iPhoneになっていろいろ困ったことがあるのですが、
まず使ってみて最初に思ったのが、戻るのボタンがないことでした。

 

ホームボタンを押せば待ち受けの画面に戻るのですが、
使っていたページはそのまま残っています。

 

その感覚がガラケーのときにはないので変な感覚でした。
どんどんいろんなアプリを試したりしているうちにiPhoneの動きが悪くなってきてしまいました。

 

立ち上げたアプリは使わなかったら
ホームボタンをダブルクリックして画面からアプリを消すことを知らなかったのです。

 

友達に教えてもらって気付いたのですが、いちいち消さないといけないのは面倒だと思いました。
今でも気付いたらたくさんアプリが立ち上がったままにしてしまいます。

 

もう一つ困ったことは、iPhoneの調子が悪くなったときにdocomoショップに行ったのですが、
iPhoneの修理はうちではできないので、iPhoneショップに行ってくださいと言われました。

 

docomoは近くにあるのですが、iPhoneショップは近くにないので、
docomoですぐ見てくれないというのは面倒だと思いました。

写真の保存や印刷について

iPhoneに機種変更して、不便だなぁと感じたことは、写真に関連することです。

 

iPhoneはカメラの性能もよいので、デジカメよりも使いますし、
手軽に撮れるという理由から、一眼レフよりも出番が多いのですが、
写真が一定量に達すると、せっかく撮った写真が保存できなくなります。

 

スマートフォンを使っていたときは、
使っていたmicroカードを新しいものに変えて、
それまでのmicroカードは写真保存用として保管していました。

 

iPhoneでは、パソコンにデータを移して、
それをUSBやCDROMなどの他の媒体に移すという作業をしなければならず、
面倒だなと思いました。

 

なかなかまとまった時間がとれないと、
パソコンに入れたまま…ということにもなってしまいます。

 

また、我が家で使っているプリンターではなのですが、
iPhoneをケーブルでプリンターにつないで、
入っている写真データを印刷することができません。

 

プリンターにSDカードを挿入するところがあるので、
スマートフォンのときは、印刷することができていました。

 

それもまた不便だと感じています。
その他にも、赤外線通信でも印刷が可能だったのですが、
それもできなくなってしまい、
保存だけでなく印刷するときにも、
いちいちパソコンを経由しなければいけないので、
とても手間がかかります。

更新履歴