ふとした時に気になる口臭

ふとした時に気になる口臭

加齢とともにいろいろな体の悩みが出てきます。
肌の張りがなくなったり、乾燥状態が続いたり、疲れやすくなったりと悩みは尽きないものですね。

最近になって気になってしまったのが、口臭です。
しかも、そばにいる子供に「なんか、臭うよ。」って言われたので初めは何だか自分で意識していなかったので、ちょっとショックでしたね。

なぜならば、食事の後には歯磨きもしっかりしているし洗口液で口をすすぐ習慣もあるからです。
それなのに、口臭が出て来てしまうのは、胃が弱いせいもあるのかもしれません。

子供が正直に伝えてくれたのは本当にありがたかったと後になって思います。
他人なら、思っても言いづらいこともあるでしょう。
子供だからこそ、言ってくれたと思うので何かできるだけ対策をしていかなくちゃと思っています。

口臭の原因になるものとして、やはり、歯磨きを徹底的に行うのは欠かせないですよね。
補助グッズとして、歯間ブラシ、洗口液、ワンタフトもできるだけ使うようにしています。
ですので、歯磨きの時間だけで15分もかかる時も、時々あります。

また、最近見つけたのが、バラの香りの口臭サプリです。
女性向けに開発された商品らしいので、興味深く思っています。

口臭は胃弱が原因かもしれないので、口臭サプリで根本から解決できるのではないかと思えてなりません。値段も、リーズナブルだったようですので試しに使ってみたいと思っています。

実際に、バラの香りがするっていうのは、女性にとって嬉しい魅力ですよね。
ふだんは、自分では吐く息に何も臭いがしないと思っているわけですから、バラの香りがするっていうのは、興味津々です。

不安を取り除く方法

不安を取り除く方法

毎日暑かった夏も過ぎ、すっかり秋の空になっているこの頃です。
そうこうしているうちにすぐに冬もやってきてしまうのでしょう。
そろそろ冬服に模様替えしないといけません。

冬が来ると思いだすのが、受験です。
人間として生まれてきたからには、競争はつきもので、今振り返ってみても
私も何度も何度も振り分けの場面に直面した気がします。

私の人生の中で最初の受験は中学受験で、最もつらかった思い出です。
なんせ、若干12歳ぐらいで受けたテストですし、そのテストを受かるだけのために毎日毎日費やして
がんばって勉強していました。

受験当日は、とても寒くカイロを手に持っても緊張からか震えがとまらなかったのを覚えています。
席について周りを見渡しても、受かりそうな人ばかりに見えて、自分は落ちる人じゃないかといいようのない不安にさいなまれました。
手に何度も人という文字を書いて、書いて緊張をほぐそうとしましたが、手の震えはなかなか止まりませんでした。
そしてテスト開始後も、トイレに行きたくなって我慢しながら、受けました。
当時の気持ちはいまだにとてもつらかった記憶として覚えています。

そんな緊張の中、無事受かることができましたが、たぶんすれすれだったんじゃないかと思います。
受かったからいいものの、普段の力を十分に発揮できたと到底思えません。

しかし最近ネットで調べてみたら、受験の不安を取り除くために、ザ.シークレットサブリミナルCDというのを聴いている人がいるというのを知りました。
毎日このCDを聞くことで、滞在意識を変えて、緊張をほぐし、受験の不安をなくすそうです。
こんなCDがあったのか!もっと早くに知りたかった!と思います。
受験は取り返しがつかない、勝負どころの日ですから、こういうCDの力も借りて意識対策をして、万全の面持で挑むといいと思います。

様々あった単発バイト

様々あった単発バイト

小さい子供を二人抱え、現場復帰を目指し就活をしていた際に、「単発のバイトがあるけれど、良かったらしてみませんか」と紹介され、単発のアルバイトをはじめました。最初にしたのは、植樹祭イベントの救護係のバイトでした。元気な小学生などが多く、けがをする人もなく終了しました。現地まで40分の運転があるのが難点ではありましたが、仕事としては楽でした。
次に紹介されたのは、イベント会場の救護スタッフでした。大きなイベントでしたが、救護班は私一人だったためかなり不安でした。途中で貧血をおこして倒れた方などが搬送されてきたのみで、無事イベントが終了し、ほっと一息ついたのを覚えています。イベント系の救護班のアルバイトは、規模にもよると思いますが、一人で対応することが多く、責任とプレッシャーが大きくかかります。何かしら大きなトラブルがあると、限られた機材で対応することになるため、精神的に疲れました。

検診の単発バイトは、学校や企業の検診の補助などが多いと聞いていましたが、実際に携わってみたり、友人から聞くと、色々なバイトがあってびっくりしました。どのバイトでもいえることですが、予測不能な緊急事態が発生するリスクがあることを考えると、単発のアルバイトは都合がよかったり、時給が良くても、難しいところもあるなと思いました。救急看護に慣れておられる方には、イベント系の単発のアルバイトもよいかと思います。実際に重症の患者さんが出やすいスポーツ等のイベント会場は、医師が駐在し、看護師も経験のある方が数人配置されるようです。私のように子育て中でまだ本格的に復帰は難しい方も、自分のスキルにあった仕事内容を選べば、よい仕事だと思います。

人生について考えます

人生について考えます

美を追求することは、人間の欲望なのかもしれません。

綺麗でいたいと思ったり、女性なら若く見られた方が嬉しいです。
よく30代や40代以降の人は、若く見られることに喜んでいます。
私も年上に見られるよりは、若く見られたいです。

老化防止の為に、酵素ドリンクを毎日飲みます。

このサイトのピュアネス酵素ドリンクが飲みやすくて、はまっているのです。
お世辞でも良いから、初対面の人にはマイナス5歳位の年齢を言ってほしいと感じます。
時々、本音で話す人もいるけれど、相手を傷つけない為にはお世辞も大事かなと感じました。

年齢のことは、あまり親しくない人には言いたくないものです。
出来ればあんまり聞かれたくない質問はあります。
そのようなことを聞かれると、曖昧な返答にすることもあるのです。

人によって、聞かれたくない話は違います。
話さなければ仲良くはなれないけれど、話したくないこともあるものです。
人間関係は本当に難しいと感じます。

仲良くなれたと感じていても、相手はそう思っていないこともありました。
引越しや転職などをすると、本当に相手との仲が良かったのか気づくものです。
どんなに仲良くしていたとしても、距離が離れると自然に心も離れるものかもしれません。

寂しいけれど、人も街も変わっていきます。
昔、そんな歌の歌詞があったなぁと振り返ることもあるのです。
街も人も愛も変わっていく、そんなものなのかもしれません。

好きで結婚した人達が、別れることもあるし、人はやはり孤独です。
悲しいけれど、孤独との共存をしている人が強いのかもしれません。
老後になったら、どう生きているのだろうと考えることがあります。

50代以降になれば、若く見られたい願望よりも、一人になりたくないです。

昔に流行った出逢えるけど広告が山のように来る出会い系

昔に流行った出逢えるけど広告が山のように来る出会い系

スタービーチって懐かしく思います、確か10年ほど前に流行った出逢い系のメール交換だったと思います、僕も山のように若い子と遊んだりしましたが、ほとんどがお小遣い欲しさにやってる子が多かったと記憶にあります、またただでカラオケだけ連れて行ってほしいと言う子も増えてましたね、ただどうしても若い子が多すぎるので犯罪も明らかに増えてしまったので一般のおじさんたちが数多く育成愛護条例で捕まっていた記憶も有ります、今表に居てご飯を食べに行きたいとかいう子はほとんど出会う事が出来ました、なんだか会う前に少し電話で話したりした覚えも有るので掲示板とかかな、10年以上前の最強出会い系のアイテムだったことは間違いないと思います。

僕の友人はほとんど会えなかったようですが、広告は明らかに凄まじい量送り付けられてくるのは間違えありません、1通メールを送ったら10通は広告メールがやってきます、僕自身が辞めた理由も僕の友人が辞めた理由もこの、うざったすぎる迷惑広告のメールが原因ですね、普通に出会い効率とか考えてもこんなに優秀なものがなくなるというのは、それなりの理由があるのです。何度も書きますがその理由が「迷惑メール」なんですよ、それ以外の事に関してはかなり優秀な出会い系サイトですし今後もこのサイトに勝てる事は無いと思います出会い系サイトでこんなに有名なサイトはいまだに友人たちとも話していますが、絶対にないと思いますでも復活してほしいな。

お酒の奥深さ

お酒の奥深さ

お酒のなかで何が好きとかありますか。私自身もお酒が好きで、よく焼酎とか日本酒とかビールを飲んでますね。でも最近は痛風になったら怖いのでビールは控えてます。ビール自体は好きなんですけどね。特にエビスビールが好きで、なかなか居酒屋とかで見かけないですよね。でもあっても控えめで1杯目のみになっちゃうんですけども。

それにしても第3のビールとか発泡酒の値上げってなんか企業側のことを考えたらちょっとかわいそうですよね。あれだけの企業努力や開発を通して完成させた今やビールに代わる主流にもなってきてるのに。

でも周りは発泡酒は絶対買わない、本当のビールしか買わないっていう人ばかりなので、そういう人とかはビールが値下げされて嬉しいかもしれないですね。私は正直たまにビールは飲むくらいで、あとは発泡酒とか第3のビールを買っちゃいます。

企業側の努力のかいもあって普通に美味しく頂けるんですけどね。あっでも最初の一杯はビールでほろ酔いになったら第3のビールとかを飲むって言う選択でもなかなか賢そうで良い飲み方ですよね。今度試してみようかなとちょっと考えてしまいました。

あと最近ハマっている飲み方はストロングゼロを水で割って飲むという少し特殊な飲み方ですけど、なかなか面白い飲み方で良いですよ。ただ最近のストロングゼロってアルコール度数が9%じゃないですか。あれを直にたまに飲んでしまうときもあるんですけど、凄い強烈な度数なのにあの飲みやすさってなかなかですよね。

なのでちょっと怖くて水で割ってます。あとお腹が空き始めてくると簡単なフライパンを使ってできる調理とかしちゃうんですけど、ほろ酔い状態になると洗い物が残っちゃって
フレーバーストーンみたいな焦げ付かないフライパンとか最近欲しくなってしまっています。お酒飲みながらの調理って楽しいですよね。

⇒焦げ付かないフライパンはこちらから

結婚のきっかけ

結婚のきっかけ

去年入籍したばかりの新婚です。
3月に籍を入れ、8月に式を挙げました。
そして今年初夏には子どもが生まれました。
主人との出会いは遡ること18年前の小学生の時です。
転校した先の学校で出会いました。

出会ったといっても、隣のクラスで直接的な接点はありませんでした。
そして進学した中学も同じで、今度は同じクラスになりました。
同じ班になったこともありましたが、あまり話はしなかったと記憶しています…
2年まで同じクラスでしたが、2年の終わりに私がまた引越しをしてしまいました。
仲良くなかったのでやりとりなどは一切ありませんでした。

そこから11年後、25歳の時に友人の結婚式に招待され行くと、久しぶりに会った男友達と意気投合し、飲みに行くことになりました。
私と女友達とその男友達で集まり、そこに主人が合流して飲んで、その日のメンツでまた後日遊ぶようになり、よく集まるようになりました。

友達に「二人ともお似合いだから付き合っちゃえば?」と今思えば飲み会の悪ノリですがからかわれて、ことあるごとに二人並ばされたり二人にされたりして、お互い意識するようになりました。

二人で遊ぶようになり最終的にはからかわれた通り付き合うことになったのです。
よく運命的ですねと言われますが、当時の同級生たちと日常的に遊んでいたので会う可能性は大いにあったと思います。

それでも付き合うことになるとは、と自分でもビックリでした。
そして四年近く付き合って、プロポーズをされ、結婚するなんて夢にも思いませんでした。
今は可愛い子どもにも恵まれとても幸せです。
当時の自分に教えてあげたいですよね…!

お鍋料理は楽

お鍋料理は楽

天気が良いと布団を干したくなります。ふっくらとした布団で眠ることは幸せです。家族全員の布団を干していると、結構疲れます。家事が楽とは思えません。外で働く生活も大変ですが、家で家事をすることも大変です。時々休みたくなるので、料理も手抜きにしてみたりして、旦那に豪華な料理が食べたいと言われます。誕生日は手抜きではなくて、美味しい料理を作ることもありますが、普段から贅沢なことはしていられません。

旦那は、海鮮料理が大好きで、海老やかにが入っているとすごく喜びます。料理の雑誌を見ていたら、かにが入ったお鍋のメニューが載っていました。見ていたらこれが食べたいと思ってしまったのです。出来れば新鮮な海鮮が食べたいなぁと思い、旦那と北海道からお取り寄せするのか話しました。母から、「かにのお取り寄せなら、かにまみれは失敗みたいだよ」と言われたのです。

実際のところどうなのか、心配になって調べてみたら、失敗というわけでもないようで…。購入することを決心しました。

普段は質素に野菜ばかり食べているし、年に一度は贅沢をしようと話し合いました。ワガママを聞いてくれる旦那で良かったです。かにまみれから無事に届きましたが、大きなサイズでした。手で掴むと危ないので、ゴム手袋をしました。専用のはさみで小さくカットしてから、冷蔵庫に入れておいたのです。夜はお鍋料理にする予定だったので、野菜を洗って切っておきました。

旦那が帰ってきたら、かにも入れてお鍋を始める予定です。海鮮の鍋なので、お肉は入れません。旦那が帰ってきて、二人だけでかにのお鍋を食べました。テレビを見ながら一緒に過ごしていたら、この時間は幸せだなぁと思ったのです。旦那もすごく嬉しそうな顔をしていて、この人と結婚して良かったなと感じました。野菜を食べた後に、かにの雑炊を作ってみたのです。濃厚なスープで、すごく美味しいと感じました。

歩合給料だと‥‥

歩合給料だと‥‥

旦那の給料だけで生活できない-困っている方はこちらへ
旦那の職業が運送業で歩合給料なので病気や怪我をしたら大変だなぁ。と日頃からおもっていたのですが、地震などの災害もヤバい!という事を東日本大震災で痛感しました。
震災後、物流がストップし仕事が激減。給料の保障などもなく、給料が通常の半分以下!家のローンと光熱費や通信費などを払ったら手元にはほぼ残らないくらいで家計は火の車に‥‥‥。

被災地の方はもっと辛い思いをしていたと思いますが、そんな状態がいつまで続くのかと本当に悩みました。当時は私もパートですが働いていましたし子供もいなかったので何とかなったのですが、今の専業主婦、小さな子供2人という状況で旦那の給料が激減したら‥‥きっと家計は2?3ヶ月で破綻するでしょう。考えるだけでゾッとします。

旦那の給料が歩合だと例えば極端な話、多い時は50万。少ない時は25万。という具合に多い時と少ない時の差がすごくあります。うちの場合、ボーナスも申し訳程度でほぼ無いようなものです。
多い月があっても少なくて赤字になってしまった時の穴埋めにしかならず、給料が多かったからと言って大盤振る舞いはできないのが現状です。

歩合は頑張れば頑張った分帰ってくるのでやりがいは感じやすいです。しかし、病気や怪我、その他私用などで休んだ場合はしかたありませんが、仕事が薄い、災害などが起こった、など不可抗力で自分ではどうしようもない理由で仕事が無くなる場合もあります。
そんな会社の都合などで仕事がない場合も給料の保障などないのです。
もちろん歩合なので有給などもありません。歩合給でも有給あったらいいのに。

恐るべしやけど虫

恐るべしやけど虫

先日実家の母から1枚の写真が送られてきました。首元に大きくやけどをしたような跡があり、原因がわからずどんどん広がってきたので皮膚科に行ったということでした。
皮膚科の先生が診てすぐに「これはやけど虫だね」と判断し、母も意外な診断に驚いたようです。
やけど虫とは、正式名はアオバアリガタハネカクシと言い、体長6-7mmの小さな虫です。水田などの湿地に生息し、皮膚に接触した際に慌てて手で払ってしまうと毒液を出します。毒液により最初は痒かった部位が次第にチクチクし、やけどのような跡がどんどん広がっていくようです。
心当たりがないと思っていた母ですが、症状が悪化する数日前、就寝中に首元が気になり掻いてしまったそうで、その時は全く痛みもかゆみもなく、翌朝からかゆみがでたということでした。
実家の近くには水田はありませんし、一階の寝室までどこに生息していてどうやって侵入したかはわかりません。
それからしばらく寝ることが怖くなったそうです。
というのも、皮膚科の先生に「これはしみになるからね」と言われたそうで、60代の母なのでもう隠す必要もないかもしれませんが、これが若い子供や女性の肌だったり、もしくは顔だった場合、諦めようにも諦めきれないことです。
農家の友人は小さい頃に被害にあったこともあり、よく知っているということでしたが、私は初めてやけど虫の存在を知りました。
小さい子供がいるので、近くに水田に遊びに行ったりしていますが、気が気じゃなくなりました。
対処法は手で払いのけないこと、ティッシュなどでそっと取り払い、体液が付着してしまった部分はすぐに水で洗い流すこと、患部に症状が出たらすみやかに皮膚科へ行くことです。
下手に家にある薬を使ってしまうと、体液が広がり余計に幹部が拡大し悪化してしまうそうです。
一寸の虫にも五分の魂という言葉がありますが、たかが虫とはあなどれません。
恐るべし虫です。