秋物ショッピングでわくわく。

秋物ショッピングでわくわく。

春、仕事を辞めてから転職まで時間がかかり、今年の春夏は服なんて全く買わずに終わっていました。

そしてようやく社会復帰して最初のお給料が入り、もうルンルンです!

さっそく川崎へ向かい、秋服を買うことにしました。

一年の中でも、秋のおしゃれが一番好きです。落ち着いた赤やブラウン、ベージュ、レンガ色など、、あったかい色が似合う季節だなあと思います。

いろいろなお店をまわり、途中疲れたら鯛焼きを食べて休憩。

そして買ったのは、赤いチェックの透け感のあるシャツと、グレーのスニーカー、ブラウンのロングスカートに、エンブレム入りの靴下、黒のレザーショルダーバッグです。

トータルコーディネートで一気に買うのなんて久しぶりで、両手にショッパーを持って歩くのはとっても幸せでした。

そしてもうすぐ来る旦那の誕生日に向けて、プレゼントの下見もしました。

パワーストーンのかっこいいブレスレットが欲しいと言っていたので、ブラックスピネルとクリスタルを使って彼の手首サイズで、見積もってもらいました。

どうやら8000円ほどするそうで・・またお仕事頑張らねば、と思いました。

そして、メガネ店にて細いフレームの丸眼鏡に新調しました。
ズボラな私が眼鏡を床にほっぽっておいたら、気づかず旦那が踏んでしまって、ツルの部分が曲がってしまったのです。

外でもかけられるおしゃれな眼鏡も手に入れて、秋のお出かけが今から楽しみです!

ご飯も美味しいし、おしゃれも楽しいし、過ごしやすいし、映画やドラマや芸術も染み入るし、秋って本当に大好きです。

主婦の思うこと

主婦の思うこと

わたしは今は二児の母親で専業主婦をしています。
正直なところ、子どもを育てるということがこんなに大変なことだとは思いもしませんでした。
まずそう思いましたのは、二人目の子どもを出産した後にそう強く思いました。まだ上の子は1歳児でしたので、まだまだ手がかかりますしいやいや期に入るときだったのでそういったことも重なり精神的にもとても病んでいました。そして下の子が生後2か月くらいのときくらいからようやく生活リズムなどもつかんでくることができましたし、あやすと笑顔が見られたりしましたので、とてもその笑顔が育児疲れを癒してくれました。
そして上の子も言葉がたくさんでてくるようになりましたので、育児が少しずつ楽しく思うようにもなりました。ですが、やはりまだ大変な部分が多いかなと思っています。
上の子は保育園に行っているので昼間は下のこと一緒なのですが、夕方からなどは上の子もいますのでご飯の支度やお風呂にいれたりなどがとてもバタバタしてしまいます。
幸い私の実家が近くにありますので、主人が仕事で遅い日などには実家でお風呂に入ったりしています。そしてわたしの母がいますので結構子どもたちをみてくれたりしますのでその点でもすごく助かっているのです。
やはり思うことは子育ては母親一人でするものではなく、家族全員で子育てをすることが一番母親にも子どもにもいい影響を与えることだと思いました。誰かの手を借りないと子育てはできないです。

足の形と色が良くなるのでは

足の形と色が良くなるのでは

40代の頃から足の爪がやけに厚くなって形も悪くなって来ました。ジョギングの時に履いている靴のサイズが原因なのかと思い、靴を買い替えたりしましたが効果なしでした。まぁそのうち治るだろうくらいの気楽に思っていましたが何年経っても治りません。50代になり体力も落ちて来て、ちょっとした身体の変化が気になる歳になったのか急に足の爪の変化が心配になって来ました。そこでネットで調べてみると爪水虫だという事を知りました。何かいい薬がないか調べててみると「クリアネイルショット」という薬に行き着きました。ネットでの評判も良さそうだったので早速試してみました。恐らく薬の効き目があったのでしょうね。爪の色がかなり良くなり、温泉に行っても足を見られるのが恥ずかしくなくなりましたね。

此処数年足水虫が世の中に知られるようになり、職場でたまにその話題になります。みんな苦労しています。日本人の10人に1人は患者がいるそうですね。みんな市販の水虫薬を使ったり、足に酢を浸したり、硫黄温泉に通ったり、医者に相談したりと様々なトライをしているようですが簡単には治らないのが実情です。この病気の特徴は見た目が悪いことですね。それだけに女性とかは特にどうしても治したいという気持ちが強いようです。私自身は「クリアネイルショット」という爪水虫薬と出会ったのはラッキーでした。今のところ爪の形は完全には戻っていませんが、いい感じで改善が見受けられますし、爪の色はかなり戻ってきましたね。夏はサンダルも平気で履けるようになりました。そんな効果が出たので悩んでいる同僚にはこの薬を騙されたと思って試してみたらと勧めています。私にはかなり効果がありましたし、試して損はしないように思います。

http://xn--jvswti14bntf0m2a.com/

きれいな爪にあこがれて

きれいな爪にあこがれて

頭からつま先までおしゃれに決めたいのに、なぜか足の爪がなんとなくガサガサなような気がする…そんなことないでしょうか?

乾燥ともちょっと違うし、原因は何だろうと思って調べてみると、どうやら爪の水虫のようだと気付いてショックを受けました。きれいにしていたつもりだったので、まさか水虫だとは思わなかったのです。普通、水虫は足指の間とかにできるイメージもあったので、まさか爪にできるとは思っていなかったのです。
かゆみはないのですが、なんとなくガサガサした見た目で人に見せるのをちょっとためらってしまいます。ひどくなると爪が変形して痛みがでてくるともあり、早くどうにかしなくては!と思いました。

念入りに洗って清潔に保つことはもちろんですが、それだけで治るはずはなく、塗り薬を試すことにしました。水虫の薬だと思うとかなり抵抗があったのですが、最近はおしゃれなパッケージのものもあり、化粧品のような見た目なので少しほっとしました。ただ、爪にできるせいなのか、通常の水虫の薬だとあまり浸透せずに効果が薄いということだったので、爪水虫の薬を選びました。ジェルタイプでなんとなく爪にも浸透しそうだなと思ったのが決め手でした。

お風呂で念入りに洗った後、しっかり乾燥させてからささっと塗ることを続けていくうちに、ガサガサしていた爪がだんだんとよみがえってきました。あまりのガサガサにペディキュアでごまかすのもためらいがあったのですが、ごまかさなくてもいい状態になったのは本当にうれしかったです。表面が滑らかになりほんのりとはいえ艶が出てきたときは、しっかりとケアをしてよかったと思いました。もしかして爪の水虫かも?と思ったときはそのままにせずにきちんとケアするのがいいなと改めて感じています。

タイミングや運が大事

タイミングや運が大事

私自身が一時期ニートで、社会復帰をした人間です。
大学を出て新卒での就職活動に失敗しました。
同級生への見栄や両親からの失望、社会的な体裁が怖く
取るとも取らない資格の勉強に逃げ
実質はアルバイトすら怖くて引きこもっていました。

そんな私でしたが、たまたまニート、引きこもりの社会復帰支援をされている両親の知り合いの方に紹介を受け
当時は小さいサークルだったITの勉強会に通っていました。
そこで目にしたITやPCの未来の可能性は素晴らしいものでした。

それで少し世の中に希望が湧いたのかもしれません。
1年以上働くことをためらっていた私は、あっさり地元の派遣会社に登録し働き始めました。
幸いなことに同期や派遣先に励ましあえる人が多く、つらい時期も乗り越えられました。

そして諸事情で私がそこを離れる時のこと。
かつてのITの勉強会の団体が急成長し、会社になったという話が入ってきました。
その会社にオファーをいただき、今はそこで働きつづけています。

私が中学生の頃、とある総理大臣が「IT革命」を掲げましたがピンと来ませんでした。
私が大学生の頃、スマートフォンが出始めたばかりでした。
今やネット上を探せば様々な便利ツールやソフト・ノウハウが出揃います。
PCやスマホなどの道具と、スキルさえあれば一人でどんどん稼ぐことが
できるようになりました。
フリーランスという言葉がここまで一般的な感覚になるとは
昔の私では想像もつきませんでした。

この5~6年の急激な変化を見ていて思うのは、
世の中はどんどん変わっていっているということです。
今はニートでも何か自信をもち評価されるきっかけと応援があれば、簡単に社会復帰は可能です。
明日のことは分からない世の中ですが、本当にある日突然、強力な磁場としかいえないめぐり合わせが訪れる時があります。
そのきっかけが来たら掴んで続けられるよう準備しておくことが大事だと思うのです。

19歳の猫と母の話

19歳の猫と母の話

我が家には今年19歳になるおばあちゃん猫がいるのです。猫の19歳って人間でいえば92歳ぐらいらしいです。ずっと子供のころから一緒に暮らしている猫がそんな風に先にどんどん年を取って行っちゃうのが時々なんだか寂しいというか悲しい気持ちになってしまいます。

そのおばあちゃん猫は時々動物病院にいって獣医さんに診てもらってるけれど特に疾患などはないようです。これまでもほとんど病気にもなってないし、もとから身体の作りが頑丈なのかななんて家族で話しています。けれど、だんだんと身体のあちこちが弱ってきてるのも確かではあります。耳もちょっと遠くなっているようだし、鼻も鈍くなっているみたいです。

特に気にかかるのは最近便秘気味になっていることです。トイレでうんうん力んで一生懸命排便するということが多くなったのです。この話をこの前母と話していたら、昔からトイレですっきりしたことがないのが悩みだった母はひどく猫に同情していました。母は人にすすめられてカイテキオリゴとかいうオリゴ糖商品を飲んでお腹の調子が最近良くなったらしいですけど。母は猫用にもそういうのがあればいいのにね、なんて猫に話しかけていました。

今度動物病院に行ったら獣医さんに猫が便秘気味のこと、相談してみようかなと思ってます。それにしても、いつのまにかに母が朝のトイレ地獄から脱してたとは知りませんでした。昔から朝は母がトイレを長時間占領して家族を困らせる風景というのが日常だったんです。最近はどさっと出る、とかあまり聞きたくないような情報まで嬉々として話してくれました。うちの猫も気分よくどさっと出るようになりますように。とにかく母も猫も楽しく日々を過ごして、まだまだ長生きしてもらいたいものです。

最近の悩みごと

最近の悩みごと

妊婦さんって、『ただいま、ハッピーホルモン分泌中。ほんわかオーラに包まれています☆』って感じがするのは私だけでしょうか。
見ているこっちまで、ほわわわ~んとした気分に一瞬包まれる気がしていました。
そんな私も、今は初心者妊婦さんをしています。
私も世の中の妊婦さんたちみたいに、ハッピーオーラ発信できているかなぁ。

さて、妊婦さんになってみて分かることがいくつかありました。
お腹の赤ちゃんがきちんと大きく育っているか、毎回の検診が楽しみでも不安もあり、
妊娠しての母体の変化で、つわりや体重増加、好きなものが食べられない食事制限、私はどちらもたしなみませんが、タバコやお酒が好きな人は控えなければいけません。
私はコーヒーや紅茶が大好きで、毎日4杯以上飲んでいたのですが、今は1日1杯まで、と決めて、もっぱらノンカフェインのルイボスティーやハーブティーを飲んでいます。

そして今現在進行中の悩みの種が、妊婦の便秘解消です。
妊婦さんってどういう訳か便秘ぎみです。
その理由はさまざまですが、大きくなる子宮が腸を圧迫して便が通りづらくなるというものや、お腹の赤ちゃんをかばって上手く力めないというもの、つわりにより食べられない、匂いがだめになって食べられないものが増えて食物繊維不足になる、などです。
妊婦の便秘解消のために、病院では飲んでも大丈夫なお薬を処方してくれたりもします。
ですが私は出来るだけ薬に頼りたくありません。
食事療法で、食物繊維を多く含む食べ物を中心に食事をしていますが、だるさがあって軽い運動が出来ず、効果があまり見られません。
ですので次の段階として、妊婦の便秘に効くサプリメントとかを試してみたいと思います。

筋トレが日課になりつつある

筋トレが日課になりつつある

学生時代はテニスをやっていたのですが、特に筋トレってしてなかったです。
練習で自然に鍛えられた筋肉で頑張っていた感じですね。
でも、あの時に筋トレをしていれば、もっと実績を残せたかもしれません。

テニス選手ってあまりマッチョな人は少ないですね。
どちらかというと、技術が重要なスポーツでありますから。
でもそれは、趣味などでやっている人の話です。

強豪校やプロの選手はマッチョではなくても、それなりの体格です。
速いサーブや、力強い球を打つには筋肉が必要ですからね。
ただ必要以上に鍛えていないだけです。

高校生の頃は全く筋トレをしていないわけではないですが、器具を使ったトレーニングはしていません。
ラグビー部などのフィジカルが必要なスポーツ部員は、マシンを使って追い込んでいましたけどね。
食生活も一般的でしたし、プロテインも飲んでいませんでした。

今は学生でも意識の高い人が増えましたよね。
甲子園を目指している球児なんかは、体を大きくするために白米をたくさん食べています。
筋トレ後にプロテインを飲むのは当たり前だったりします。

プロテインは私も飲んだことがありますが、しっかりトレーニングして飲まないと太ります。
それと飲みすぎは内臓に少し負担がかかります。
なので小さい子供さんには、子供用のプロテインがおすすめですね(⇒おすすめはこちら)。

子供って体が十分に成長しきれてないので、何を摂取させたらいいのか分からないこともあります。
なるべく安全な食品を摂取するようにしたいです。
セノビックなどは栄養も豊富で味も良いので飲みやすいです。

最近の健康食品やサプリの多種多様性を見ていると、いかに健康ブームかが分かります。
食生活もそうですが、適度な運動や休息も大事です。
しっかり知識を身につけて正しい方法で生活するようにしたいですね。

車椅子デビューしたものの行けなくなった店もあり

車椅子デビューしたものの行けなくなった店もあり

母が、最近やっと車椅子デビューしました。車椅子は介護用品のイメージが強く、使いたくないと言っていたのです。「でも、車椅子なら、どこへでも行けるよ!」という父の言葉でやっとその気になってくれました。

買い物に行く時は、車椅子を私が押して回ります。スーパーで車椅子を借りたこともあったのですが、これからは自分の車椅子を気兼ねなく使えます。母は、不自由な足では行けなかったお店に、これからはどんどん行きたいと話してくれました。

地場野菜を扱う小さな販売所では、バリアフリー化はされていませんでした。がっかりした母を勇気づけようと喫茶店に誘うと、そこもだめでした。都会では普通のように取り入れられていることも、田舎ではまだまだなのだと感じました。エスカレーターしか使えないデパートには、父も驚いていました。

私達家族は、あまりサポートの手を借りたくありません。でも、介護・福祉とは、手を借りなければいけない状態なのだと、意識を変えました。車椅子を車から降ろすだけで、隣の車の運転手は迷惑そうな顔を向けます。初めはものすごく心が折れそうでしたが、最近は開き直りました。私達家族がめげてしまったら、母は外出できなくなってしまいます。

今回、車椅子を購入し、若くして介護の認定を受ける方の心の痛みを感じたような気がしました。でも、これが我が家の新しいスタイルです。車椅子の扱いに少しずつ慣れ、行動範囲を広げられるように頑張っていきます!

可愛い我が子の為のサプリ

可愛い我が子の為のサプリ

安心安全な子供用カルシウムはどれ?
我が家には、3歳になる娘と9歳になる息子がいます。2人とも本当に可愛くて私の宝物なので、毎日の食生活には気をつけていますが出来る範囲が限られていて完璧に子供の健康をサポートできる自信はあまりなかったんです。特に9歳になる息子は、いつも学校で遊びまわっているので怪我をする事はしょっちゅうなんです。なので、日頃からカルシウムをしっかり取らせるようにしてはいるのですが、息子は一番カルシウムが取れる牛乳が大の苦手であまり飲んでくれないので困っていました。本来なら牛乳やカルシウムになる物を摂取すれば早いのですが、そればかりは無理強いしても意味が無いので諦めてました。ですが、息子が小学校で階段から落ちて怪我をした時に、やはりしっかりカルシウムを取らせないといけないなと思いました。

ママ友に簡単にカルシウムを摂取できて牛乳などが嫌いな子供でも毎日しっかり摂取できるものはないかと、相談して教えてもらったのがアスミールでした。早速、通販で購入して息子に飲ませる事にしました。最初、今までに飲んだ事が無いものだったので多少抵抗していましたが味がココア味という事もありすぐにゴクゴク飲んでくれました。息子は、朝に毎日1杯飲んでいるのですが1杯飲むだけで栄養分を7割程補う事ができて成長期にはもってこいの飲み物なんです。カルシウムなので、骨もかなり丈夫になりますし、息子の場合は身長が伸びたと喜んでいました。シェイカーを振って作るので息子だけではなくて3歳の娘も毎日喜んで自分達で作って飲んでいます。健康にもなりますし、子供達の楽しくカルシウムを摂取する事ができてオススメです。