やっと身長が伸びるかも

やっと身長が伸びるかも

初めて身長を伸ばすサプリメントを知ったのは、とある週刊誌の巻末からでした。最初は半信半疑だったのですが、どうしても低身長なコンプレックスがあったので神にもすがる思いで注文しました。

家に届いたのは世間一般でよく見るサプリメントと遜色ありませんでした。この身長を伸ばすサプリは中学生もOKみたいです。
二ヶ月分の注文をしていたのですが、いつ頃効果が出てくるのかは個人次第とのことでした。

私の場合は一ヶ月を過ぎた頃から心なしか目線が上がったかなと感じるようになりました。家族からも少し大きくなったね、と言われるようになりました。

私の場合は二ヶ月までで使用をストップしました。まだ学生の身分で財布の事情が厳しかったからです。また機会があれば使用してみたいです。

私の従兄弟も身長を伸ばすサプリメントを使用していました。彼自身も昔から低身長がコンプレックスだったというので、様々な身長を伸ばす手段を試しているとのことでした。

よくある大きな器具を使って身長を伸ばすよりも、サプリメントのように手軽に始められる方法を知り、それ以来はサプリメントを中心に使用していったといいます。

やはり人には個人差というものがあり、使い始めはそんなに違和感を感じなかったと言っていました。しかし、サプリメントを使用し始めたのは私よりも若い時だったので、その伸び代はあるものかと思われました。

結果は私よりやや伸びる程度になりました。サプリメントに含まれる成分は確かなものなのかと思われます。

今の体重を維持するためのダイエット

今の体重を維持するためのダイエット

頑張ってダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまいます。一度痩せてもその体重を維持するためには、ずっとダイエットを続けなくてはいけません。つまり一生カロリー制限をして食欲を我慢しなければいけないということです。

太ることを気にしなければ好きなだけ食べられるのですが、太ってしまった自分は醜いという考えがあるため太れません。そのため毎日口にするもののカロリーを計算しないといけないんです。でもこんな生活にちょっと疲れてきてしまいました。

最近は痩せることよりも体重を維持することに重点を置いているので、昔のような激しいカロリー制限はしていません。その変わりお茶を飲むようにしています。メタボメ茶というお茶があるのですが、私にはとても合っているんですよね。

もともとお茶が好きだったので、飲むことはまったく苦になりません。メタボメ茶にはダイエットに効果的なプーアール茶や黒豆などが入っているんです。飲むと体が温まって、なんとなく代謝が上がっている気がするんですよね。メタボメ茶でダイエットする人も多いようです。

メタボメ茶を飲んでいるのはダイエットのためだけではありません。私はカロリー制限をすると便秘になってしまうのですが、このお茶を飲むとお通じの調子が良くなるんです。便秘はダイエットにも美容にも大敵なので、お茶で改善するのは嬉しいですね。

でもメタボメ茶は医薬品ではないので、ダイエットできるわけではありません。なので今より体重を落とすためには、今よりもカロリーを減らして運動しないといけないんです。本当はもっと痩せたいのですが、これ以上ダイエットをするのはストレスになりそうなんですよね。

ストレスを溜めて体を壊してしまっては元も子もないので、ダイエットもほどほどにしておこうと思います。

最近の悩みと日常

最近の悩みと日常

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんわ。
まだまだ暑い日が続いていますね。暑いのが大の苦手な私も、もう少しの辛抱だと思って1日1日を過ごしています。そんな私を知らない人がほとんどだと思いますので言わせていただきますが、私の趣味は物作りです。

最近の流行りの言い方でいうとハンドメイドというやつですね。羊毛フェルトやキャンドル、粘土などジャンルは幅広い方だと思います。他にも色々やりますがとりあえず一例をあげさせていただきました。

趣味なので物も作れば増えていきますが最終的には時間が経って埃がかぶり捨ててしまう事がほとんどです。そこでその趣味をいかしてお金にならないかなと思っているこの頃です。最近はハンドメイドがネットで売られているのをよく目にします。

昔じゃあまり考えられない出来事ですが今となっては日常的で当たり前になっているので私もやりたいなと思っています。ただお金や仕事にしようと思うと何が売れるや、需要を考えだしてしまいます。

そうなると趣味の延長というよりは稼ぎたい!に行動が変わってきました。売りたいけれどマイナスにはしたくない、同じものを作って売れずに在庫だらけにしたくないなど、悩みがたくさん出てきます。みんな初めはそういうものなのでしょうか。そんなことを悶々と考えていたりもします。

でも当たり前ですがやってみなければわからないんですよね。
それに作り続けなければ腕も物の質も落ちていきますもんね。わからないことに当たった時に考え解決しなければいけないんですよね。と考え方をなるべくプラスにしていこうと思っています。

作ったものたちが買っていただいた人達に大事にされるようにと思って、作ったものをプレゼントする、という認識にしていこうかなとも思い始めてきました。不思議とこうして書いているとプラス思考になってきますね。
とりあえずこれから一歩一歩頑張っていこうと思います。

「情」って難しい

「情」って難しい

肌寒い季節になってきましたね。肌寒くなるとなぜか人肌恋しくなります。私、結婚する前独り身の時期が1年半あったんです。それまでつき合ってた人も四年間つき合って別れて。長くつき合うと、合わないって分かってもどうしても離れて一人になるのが寂しかったり、情がわいてきてなかなか別れきれなかったり。そんな経験ある人沢山いると思います。

私も、相手も自分も冷めきっているのが空気で分かるのにどうしても別れきれませんでした。ずっといたからこそ離れる事が想像出来なくて。そんな時、お金に困っていたのを彼に言う事が出来ず、知り合いの紹介で夜の店で働き出しました。前は居酒屋で働いていたので時間帯が同じで、内緒にしていてもバレずにすんでいたのですが。

その時の彼は、「夜の店で働くのが嫌いな人」でした。だから内緒で働いていたんです。ですがある時バレてしまいました。その原因は、私が彼のパソコンでRYUYUの通販サイトを見ていた事。普段着る服を見てただけと言い張ったんですが、当時は今ほど普段着られる服が載ってなくて、ぱっと見、見るからに夜働いてる!という服がずらっと並んでたんです。今は結婚式の服とか、買ってますけどね。

それを見て彼は激怒。私はそんなの偏見だと言い説得しようとしましたが、それから二人の関係は悪化。だけど離れるのもお互い言いづらい。そんな日々が続きました。だけど私は私のやり方でお金を稼ぐ目的があったので譲る事は出来ませんでした。

その時、ちょうど母が倒れたと電話がありました。実家に帰ると、父が一人なので「帰ってきて欲しい。」と。私はこれが運命だと思ったのです。言いにくい、離れづらい・・。だけど一緒にいても何の意味もないんじゃないか。今がいい機会だからもう、離れようと。

彼にお別れをして、実家に帰る事にしました。情はもちろん残っていましたが、二人でいても気持ちがない人と居る方が実は寂しいんですよね。それからあっさりと彼は自分の理想の方と結婚しましたが、それできっぱり情も捨てる事が出来ました。一緒にいて悲しくなるような人と居ても、意味はないんですよね。情って難しいな、と感じました。

それからは自分の目標額貯めて、それを認めてくれる今の主人と結婚して今は幸せです。過去の経験を思い出して、やっぱり自分が頑張る事を応援してくれる人と居る事が一番大事だな、としみじみ思う季節でした。

昨日までは病院生活で

昨日までは病院生活で

そう、昨日までの1週間、私は病院で治療を受けていたのです。形成外科的手術を受けました美容形成では決してありません。背中にできた脂肪種を取り除く手術です。当たり前という表現が正しいのか分かりませんが初めての体験でした。背中の右側に2年前から違和感を感じ、それが私にしたら結構大きな膨らみだったのです。最初は整形外科にかかっていました。そちらでの検査の結果では「特に悪い物ではないから切らなくても良いでしょう」と説明されました。私は間に受けてそのまま背中に大きなコブを持ったまま過ごしていました。

ですが、やっぱり違和感…ツッパリ感があるし見た目も良くない。友人に相談したら「そんなのすぐに切っちゃった方がイイよ」と返ってきました。切りたい!私はすぐにでも切ってしまいたくなりました。何科で切ってもらえば良いのだろうか?私には医療的な知識がありません。相談した友だちも知らないと言います。こういう時はネットで調べる…おい!もっと早く気づこうよというところですが疎いんですよね。調べました。すぐに答えは出てきました。ライターの体験談としてあったのは私と同じ、背中に脂肪種があった方の体験談でした。

形成外科で直径10cmあったのを全身麻酔で除去してもらった、ろいう事でした。入院期間は5日から1週間と、脂肪種の大きさや回復の状態でそれぞれ入院期間が変わるとも、そして費用も保険がきくから手頃な金額だという事も書いてありました。決めた!早速地元の病院の形成外科を受診しました。「切りましょう」と話しが決まり、手術日を1週間後に決め、術前検査も受けました。入院初日には麻酔科の先生と手術室の看護師さんの診察って言うか説明がありました。形成外科の優しい先生が「明日の手術に備え、今日はゆっくり休んで下さい」とおっしゃいました。

病室に案内していただきベッドに横になってくつろいでしまいました。そうした時に急に仕事に穴をあけてきた事が気になって早く退院しなきゃ、先生にお願いして早く退院させてもらおう。と決心したのです。病衣に着替えると急に病人気分になりました。重い病人のようにベッドに横になりっぱなしで今思い出すとおかしいのですがしっかり「病人」になっていました。もちろん夜も熟睡できました。翌日は朝から絶食でしたが普段少食の私にとっては苦痛ではありませんでした。

手術室に運ばれて「まな板の上の鯉」ってこういう気分の事を言うんだわ。と落ち着いていました。麻酔がかけられて…スッと眠りました。目が覚めると病室に戻っていました。麻酔から覚めても時間が経っても痛みは全く感じません。本当に切ったのかしら?とそっと手を背中に伸ばしてみるとガーゼらしき物が貼ってある。やった!何の苦痛もなく手術を受けることができたんだ。その後も苦痛は全くなく毎日の処置としてガーゼ交換をしてもらいました。

二日目からは普通にシャワーを浴びることもでき、意気揚々!手術から五日目に抜糸をして、その日に退院しました。その翌日の今日、私は子供の運動会に参加する事ができました、私もこれを書いているライターの体験談として人にも知って欲しいと思います。
shinobiライティングの評判は良い?徹底調査しました

高いから買えない

高いから買えない

チーズが好きなのでチーズをもっと頻繁に食べたいのですが、高いのでなかなか買うことができません。
プロセスチーズとナチュラルチーズがありますが、もちろんナチュラルチーズの方です。
袋の裏をみると意外とスモークチーズもプロセスチーズだったりします。

とけるチーズとかトーストにのせるチーズはプロセスチーズですし、ちゃんとしたチーズが食べたいものです。食べるとしても単体ですし、トースト用のチーズを直接食べるのはやっぱり変ですよね…。安くてたくさん入ってるので魅力的ではあるのですが。

モッツァレラチーズやブルーチーズなどが食べたいです。
淡白な味のチーズがブルーチーズのような独特なものも好きです。ですが、本格的なカマンベールチーズはどうもダメです。
安いカマンベールチーズならえぐみというか癖がないので食べやすいのですが、本格的な海外からの輸入品などになると独特な味になりどうもダメです。
ブルーチーズが大丈夫でカマンベールチーズがダメなのは自分でも不思議ですが…。

そもそも高いので数ヶ月に一回半額になったものしか買えません。
その半額になる機会が極端に少なく、ほとんど見かけないのでそうそう食べることはできません。
ものによってはチーズ1つでランチできるくらいの値段なので食べたい時に食べるのは難しいです。ましてやデパ地下の専門店のは、ものっすごく美味しいのですが、割引にもならないし、量も少なめなので、よっぽどの時しか買えません。

書いてたらチーズが食べたくなりました。

ふとした時に気になる口臭

ふとした時に気になる口臭

加齢とともにいろいろな体の悩みが出てきます。
肌の張りがなくなったり、乾燥状態が続いたり、疲れやすくなったりと悩みは尽きないものですね。

最近になって気になってしまったのが、口臭です。
しかも、そばにいる子供に「なんか、臭うよ。」って言われたので初めは何だか自分で意識していなかったので、ちょっとショックでしたね。

なぜならば、食事の後には歯磨きもしっかりしているし洗口液で口をすすぐ習慣もあるからです。
それなのに、口臭が出て来てしまうのは、胃が弱いせいもあるのかもしれません。

子供が正直に伝えてくれたのは本当にありがたかったと後になって思います。
他人なら、思っても言いづらいこともあるでしょう。
子供だからこそ、言ってくれたと思うので何かできるだけ対策をしていかなくちゃと思っています。

口臭の原因になるものとして、やはり、歯磨きを徹底的に行うのは欠かせないですよね。
補助グッズとして、歯間ブラシ、洗口液、ワンタフトもできるだけ使うようにしています。
ですので、歯磨きの時間だけで15分もかかる時も、時々あります。

また、最近見つけたのが、バラの香りの口臭サプリです。
女性向けに開発された商品らしいので、興味深く思っています。

口臭は胃弱が原因かもしれないので、口臭サプリで根本から解決できるのではないかと思えてなりません。値段も、リーズナブルだったようですので試しに使ってみたいと思っています。

実際に、バラの香りがするっていうのは、女性にとって嬉しい魅力ですよね。
ふだんは、自分では吐く息に何も臭いがしないと思っているわけですから、バラの香りがするっていうのは、興味津々です。

不安を取り除く方法

不安を取り除く方法

毎日暑かった夏も過ぎ、すっかり秋の空になっているこの頃です。
そうこうしているうちにすぐに冬もやってきてしまうのでしょう。
そろそろ冬服に模様替えしないといけません。

冬が来ると思いだすのが、受験です。
人間として生まれてきたからには、競争はつきもので、今振り返ってみても
私も何度も何度も振り分けの場面に直面した気がします。

私の人生の中で最初の受験は中学受験で、最もつらかった思い出です。
なんせ、若干12歳ぐらいで受けたテストですし、そのテストを受かるだけのために毎日毎日費やして
がんばって勉強していました。

受験当日は、とても寒くカイロを手に持っても緊張からか震えがとまらなかったのを覚えています。
席について周りを見渡しても、受かりそうな人ばかりに見えて、自分は落ちる人じゃないかといいようのない不安にさいなまれました。
手に何度も人という文字を書いて、書いて緊張をほぐそうとしましたが、手の震えはなかなか止まりませんでした。
そしてテスト開始後も、トイレに行きたくなって我慢しながら、受けました。
当時の気持ちはいまだにとてもつらかった記憶として覚えています。

そんな緊張の中、無事受かることができましたが、たぶんすれすれだったんじゃないかと思います。
受かったからいいものの、普段の力を十分に発揮できたと到底思えません。

しかし最近ネットで調べてみたら、受験の不安を取り除くために、ザ.シークレットサブリミナルCDというのを聴いている人がいるというのを知りました。
毎日このCDを聞くことで、滞在意識を変えて、緊張をほぐし、受験の不安をなくすそうです。
こんなCDがあったのか!もっと早くに知りたかった!と思います。
受験は取り返しがつかない、勝負どころの日ですから、こういうCDの力も借りて意識対策をして、万全の面持で挑むといいと思います。

様々あった単発バイト

様々あった単発バイト

小さい子供を二人抱え、現場復帰を目指し就活をしていた際に、「単発のバイトがあるけれど、良かったらしてみませんか」と紹介され、単発のアルバイトをはじめました。最初にしたのは、植樹祭イベントの救護係のバイトでした。元気な小学生などが多く、けがをする人もなく終了しました。現地まで40分の運転があるのが難点ではありましたが、仕事としては楽でした。
次に紹介されたのは、イベント会場の救護スタッフでした。大きなイベントでしたが、救護班は私一人だったためかなり不安でした。途中で貧血をおこして倒れた方などが搬送されてきたのみで、無事イベントが終了し、ほっと一息ついたのを覚えています。イベント系の救護班のアルバイトは、規模にもよると思いますが、一人で対応することが多く、責任とプレッシャーが大きくかかります。何かしら大きなトラブルがあると、限られた機材で対応することになるため、精神的に疲れました。

検診の単発バイトは、学校や企業の検診の補助などが多いと聞いていましたが、実際に携わってみたり、友人から聞くと、色々なバイトがあってびっくりしました。どのバイトでもいえることですが、予測不能な緊急事態が発生するリスクがあることを考えると、単発のアルバイトは都合がよかったり、時給が良くても、難しいところもあるなと思いました。救急看護に慣れておられる方には、イベント系の単発のアルバイトもよいかと思います。実際に重症の患者さんが出やすいスポーツ等のイベント会場は、医師が駐在し、看護師も経験のある方が数人配置されるようです。私のように子育て中でまだ本格的に復帰は難しい方も、自分のスキルにあった仕事内容を選べば、よい仕事だと思います。

人生について考えます

人生について考えます

美を追求することは、人間の欲望なのかもしれません。

綺麗でいたいと思ったり、女性なら若く見られた方が嬉しいです。
よく30代や40代以降の人は、若く見られることに喜んでいます。
私も年上に見られるよりは、若く見られたいです。

老化防止の為に、酵素ドリンクを毎日飲みます。

このサイトのピュアネス酵素ドリンクが飲みやすくて、はまっているのです。
お世辞でも良いから、初対面の人にはマイナス5歳位の年齢を言ってほしいと感じます。
時々、本音で話す人もいるけれど、相手を傷つけない為にはお世辞も大事かなと感じました。

年齢のことは、あまり親しくない人には言いたくないものです。
出来ればあんまり聞かれたくない質問はあります。
そのようなことを聞かれると、曖昧な返答にすることもあるのです。

人によって、聞かれたくない話は違います。
話さなければ仲良くはなれないけれど、話したくないこともあるものです。
人間関係は本当に難しいと感じます。

仲良くなれたと感じていても、相手はそう思っていないこともありました。
引越しや転職などをすると、本当に相手との仲が良かったのか気づくものです。
どんなに仲良くしていたとしても、距離が離れると自然に心も離れるものかもしれません。

寂しいけれど、人も街も変わっていきます。
昔、そんな歌の歌詞があったなぁと振り返ることもあるのです。
街も人も愛も変わっていく、そんなものなのかもしれません。

好きで結婚した人達が、別れることもあるし、人はやはり孤独です。
悲しいけれど、孤独との共存をしている人が強いのかもしれません。
老後になったら、どう生きているのだろうと考えることがあります。

50代以降になれば、若く見られたい願望よりも、一人になりたくないです。