食べ始めると止まらない

食べ始めると止まらない

空腹感を抑える方法はこちら

お腹が空いている時は、何を食べても美味しい。私の場合、それを言い換えると食べ始めると止まらなくなるということが起きます。例えば、朝寝坊してしまい朝食が取れなかったり、忙しくてお昼ごはんの時間が遅くなってしまった時などこの現象が起きます。しかし、小腹を満たす為にお菓子を食べてしまうとご飯が美味しく食べれませんし、罪悪感にもさいなまれます。我慢できなかった自分にも嫌悪感を抱くこともしばしば…。結局は我慢するのが一番なのですが、そんな空腹の状況下では何事も集中できなくてよいパフォーマンスが行えないというものです。そこで、コバラサポートのような『飲み物』であれば罪悪感はなく次の食事を迎えることが出来ました。お茶や水でとは違うので空腹感が減り、頭がすっきりした感じがしました。

朝出勤してお昼ごはんを食べるまでの間に、小腹がすいて菓子を食べてしまう人が多いと聞きます。特に女性の方。スナック菓子やおせんべいなどをポリポリ食べているのを私自身見かけます。あれらの原料はジャガイモやお米なので空間は満たされると思いますが、その後ご飯を食べれる時間になったらおなかがあんまり空いていないという状況になってしまって体に悪いことしているけど、止められないという話を良く聞きます。作業効率を図るためにチョコレートなどの甘いものを食べる人もいるそうですが、空腹時に固形物を食べると胃への刺激が強いイメージがあります。医学的な根拠はわかりません。そこで、ジャガイモやお米を原料とするお菓子類に替えてコバラサポートの様な流動的なものを摂り入れることで胃への抵抗は少ないのではないかと思います。