薬剤師という職業

薬剤師という職業

薬剤師の資格を取るために、どれだけに時間や費用を捻出したのかはわかりません。しかし、一旦薬剤師資格を取れば一生仕事に困ることはないでしょうし、何より人に必要とされる素晴らしい職業だと思っていました。実際に必要とされる仕事ではあると思います。しかし、実際に働くとなるといいことばかりでは決してありません。お店にもよると思いますが、お客様がひっきりなしに来て対応に追われることもあれば、話が延々と続いて中々手が離せなくなることもあります。薬剤師はただ相手の症状に合わせた薬を処方するだけではなく、突き詰めていけば接客業です。対人関係によるストレスや、資格を取っても日々勉強に勤しまなければならない状況は、身体にこたえます。薬剤師を辞めたくなることが度々あります。

私の友人は薬剤師として働いています。薬剤師というと、素人目からすれば時給が高くて一生食いっぱぐれのない素晴らしい職業だと思っています。大方の人はそう思っているのではないでしょうか。しかし、友人から言わせると決していいものではないそうです。仕事である以上ただ薬を処方していればいいわけではなく、日々の勉強も欠かせない上に人の身体に対する責任もあるのでそれなりにプレッシャーもある。そして働くということは人と交わるということなので、対人関係のいざこざなども当然あるようなのです。時々薬剤師を辞めたいと思うとも言っていました。金銭面を除けばどの仕事ともそう変わらないものなのかもしれないな、と友人の話を聞いていて思いました。