自分の思いが自分になる

自分の思いが自分になる

最初はよくある自己啓発の本なんだな、と思っていました。ですが、この本は自分を見つめなおすきっかけになった素晴らしい本だと思います。読み始めてすぐは反発を覚えましたが、全部否定できるものではなく、昔に普通の人になりたいという自分の今にそれは当てはまっていたからです。少々体を動かすことが好きな私は、周りの目が、「スポーツが得意な」ということだけで周りから判断されていることに不満を持っていました。

そんな色眼鏡なしで自分を見てほしいと思っていました。現在はそれも私を作っているものの一つだとはわかっていますが、当時の自分には苦痛だったのです。今、普通の人に慣れてほっとしている自分がいるのでそれは間違いではないのでしょう。この本を読んで、「こういうことだったのか」と思いました。なら、これからの自分は今の自分が作っていけるんだな、とも思いました。

自分の思いが自分に返ってくる。なんて最初は信じられませんでした。今の状況は過去の自分の思いが作ったものだというのはどうしても認められませんでした。生きているだけで精一杯、将来は不安しかない現状、そんなものを過去の私が望んでいたなんてあり得ない!と誰でも思います。ですが、無意識レベルではどうでしょうか?

自分は豊かになりたいと思いつつ、不可能だ、分不相応だと思っていなかったでしょうか?そういわれてしまえば、誰も否定できないのではないでしょうか。自分で自分の可能性をつぶしてきた・・・。そんなこれまでの自分は変えられる、自分の思考を変えて現実の自分を変える、そんな内容に心躍りました。自分に前向きになれる引き寄せの法則はしらないひとにぜひ知ってもらいたいです。
自分の思いが自分になる、アファメーションCDの効果を体験するならこちら