昨日までは病院生活で

昨日までは病院生活で

そう、昨日までの1週間、私は病院で治療を受けていたのです。形成外科的手術を受けました美容形成では決してありません。背中にできた脂肪種を取り除く手術です。当たり前という表現が正しいのか分かりませんが初めての体験でした。背中の右側に2年前から違和感を感じ、それが私にしたら結構大きな膨らみだったのです。最初は整形外科にかかっていました。そちらでの検査の結果では「特に悪い物ではないから切らなくても良いでしょう」と説明されました。私は間に受けてそのまま背中に大きなコブを持ったまま過ごしていました。

ですが、やっぱり違和感…ツッパリ感があるし見た目も良くない。友人に相談したら「そんなのすぐに切っちゃった方がイイよ」と返ってきました。切りたい!私はすぐにでも切ってしまいたくなりました。何科で切ってもらえば良いのだろうか?私には医療的な知識がありません。相談した友だちも知らないと言います。こういう時はネットで調べる…おい!もっと早く気づこうよというところですが疎いんですよね。調べました。すぐに答えは出てきました。ライターの体験談としてあったのは私と同じ、背中に脂肪種があった方の体験談でした。

形成外科で直径10cmあったのを全身麻酔で除去してもらった、ろいう事でした。入院期間は5日から1週間と、脂肪種の大きさや回復の状態でそれぞれ入院期間が変わるとも、そして費用も保険がきくから手頃な金額だという事も書いてありました。決めた!早速地元の病院の形成外科を受診しました。「切りましょう」と話しが決まり、手術日を1週間後に決め、術前検査も受けました。入院初日には麻酔科の先生と手術室の看護師さんの診察って言うか説明がありました。形成外科の優しい先生が「明日の手術に備え、今日はゆっくり休んで下さい」とおっしゃいました。

病室に案内していただきベッドに横になってくつろいでしまいました。そうした時に急に仕事に穴をあけてきた事が気になって早く退院しなきゃ、先生にお願いして早く退院させてもらおう。と決心したのです。病衣に着替えると急に病人気分になりました。重い病人のようにベッドに横になりっぱなしで今思い出すとおかしいのですがしっかり「病人」になっていました。もちろん夜も熟睡できました。翌日は朝から絶食でしたが普段少食の私にとっては苦痛ではありませんでした。

手術室に運ばれて「まな板の上の鯉」ってこういう気分の事を言うんだわ。と落ち着いていました。麻酔がかけられて…スッと眠りました。目が覚めると病室に戻っていました。麻酔から覚めても時間が経っても痛みは全く感じません。本当に切ったのかしら?とそっと手を背中に伸ばしてみるとガーゼらしき物が貼ってある。やった!何の苦痛もなく手術を受けることができたんだ。その後も苦痛は全くなく毎日の処置としてガーゼ交換をしてもらいました。

二日目からは普通にシャワーを浴びることもでき、意気揚々!手術から五日目に抜糸をして、その日に退院しました。その翌日の今日、私は子供の運動会に参加する事ができました、私もこれを書いているライターの体験談として人にも知って欲しいと思います。
shinobiライティングの評判は良い?徹底調査しました