子供の記憶力と知恵

子供の記憶力と知恵

私の毎週末の予定は、ほぼ100パーセント子供(5歳)と遊ぶことで占領されます。先週末は、公園に行った帰り、買い物をして帰ろうとしたら「やだー、帰りたくな~い」が始まりました。これは家に帰る時の子供の「決まり文句」なのです。そのため、私が「じゃあ、どこに行きたいの?」と聞くのですが、いつも子供は「分かんない」と返してきます。

いつもパターンなので、私が体力的に疲れている時は「じゃあ、アイスクリーム買って帰ろう!」と近くのコンビニでアイスを買い、家に一緒に帰ります。
最近では、子供も知恵をつけてきたのか、帰り間際になると、「私がアイスクリームを買って帰ろう」という言葉を言うまで、ダダをこねています。

私がこの子供の言動に気づいたのは、子供がお店でアイスを選んでいる時でした。子供がアイスを選んでいると「今日はこのアイス、こっちは来週買うからね」と言ってきたのです。
子供の脳には、すでに、週末遊んだ後はアイスを買って帰るという風に「インプット」されていたみたいです。もともと、子供を家に帰すための「きっかけ作り」にアイスを買っていたのですが、それがこれからは定番化されそうです。

今思うと、これがまだアイスクリームで良かったです。アイスなら安いものをたくさんあるし、帰るお店もたくさんあるからまだ一安心です。

しかし、これが高価だったり、なかなか手に入りにくい食べ物、もしくは季節限定の食べ物だったら、今頃どうなっていたでしょうか。それを考えると恐ろしいです。「モノでつる」事も、簡単にしてはいけないと考えさせられました。