人は本のみにて生くるにあらず

人は本のみにて生くるにあらず

今日は久しぶりに本屋さんへ行って買い物をしてきました。
以前から気になっていた、北村薫さんの『私』シリーズを含め、文庫本10冊ほどとコミックス3冊、その他仕事で必要な専門書2冊で1万円越え。
予定以上の出費で懐が寂しくなってしまいましたが、本屋さんに行った時はいつもこんな感じです。
毎月3,4万円ぐらいは本に注ぎ込んでる気がします。
食費よりもお金掛かってますね。
しかし、その分エンゲル係数が低く見えるというマジック!
いや、まあ、エンゲル係数低くなったからと言って得することは何もないのですが。。。

帰りにスーパーに寄って食料の買出しもして来ましたが、本屋さんでお金を使いすぎたのでこっちでは節約。
これでまた更にエンゲル係数が低くなるというマジック!
って、食生活が貧しくなる一方なので、得どころか損しかないですね。。。

ダイエットになると思えばこれは利点と言えますが、現在の私の体重45kg。
むしろ、もっと食べて太らなければいけないぐらいなので、困ったところです。

本に付く虫は紙を食べることで生きているのだから、人間ではあるけど本の虫である私も本を読むことで生きていけたらいいのに、と末期症状的なことを考える今日この頃です。
もし、1ページ読むごとに1カロリー摂取できるとしたら、1日4冊ぐらい読めば1日に必要なカロリーが摂取できる計算です。

朝昼夕食に1冊ずつ+夜食に1冊。
1冊3時間とすると1日辺り12時間の読書時間。
1冊600円とすると1日辺り2,400円の出費。

時間的にも経済的にもなかなか厳しそうですね。
アホなことを考えるのはやめてご飯作ってきます。