「情」って難しい

「情」って難しい

肌寒い季節になってきましたね。肌寒くなるとなぜか人肌恋しくなります。私、結婚する前独り身の時期が1年半あったんです。それまでつき合ってた人も四年間つき合って別れて。長くつき合うと、合わないって分かってもどうしても離れて一人になるのが寂しかったり、情がわいてきてなかなか別れきれなかったり。そんな経験ある人沢山いると思います。

私も、相手も自分も冷めきっているのが空気で分かるのにどうしても別れきれませんでした。ずっといたからこそ離れる事が想像出来なくて。そんな時、お金に困っていたのを彼に言う事が出来ず、知り合いの紹介で夜の店で働き出しました。前は居酒屋で働いていたので時間帯が同じで、内緒にしていてもバレずにすんでいたのですが。

その時の彼は、「夜の店で働くのが嫌いな人」でした。だから内緒で働いていたんです。ですがある時バレてしまいました。その原因は、私が彼のパソコンでRYUYUの通販サイトを見ていた事。普段着る服を見てただけと言い張ったんですが、当時は今ほど普段着られる服が載ってなくて、ぱっと見、見るからに夜働いてる!という服がずらっと並んでたんです。今は結婚式の服とか、買ってますけどね。

それを見て彼は激怒。私はそんなの偏見だと言い説得しようとしましたが、それから二人の関係は悪化。だけど離れるのもお互い言いづらい。そんな日々が続きました。だけど私は私のやり方でお金を稼ぐ目的があったので譲る事は出来ませんでした。

その時、ちょうど母が倒れたと電話がありました。実家に帰ると、父が一人なので「帰ってきて欲しい。」と。私はこれが運命だと思ったのです。言いにくい、離れづらい・・。だけど一緒にいても何の意味もないんじゃないか。今がいい機会だからもう、離れようと。

彼にお別れをして、実家に帰る事にしました。情はもちろん残っていましたが、二人でいても気持ちがない人と居る方が実は寂しいんですよね。それからあっさりと彼は自分の理想の方と結婚しましたが、それできっぱり情も捨てる事が出来ました。一緒にいて悲しくなるような人と居ても、意味はないんですよね。情って難しいな、と感じました。

それからは自分の目標額貯めて、それを認めてくれる今の主人と結婚して今は幸せです。過去の経験を思い出して、やっぱり自分が頑張る事を応援してくれる人と居る事が一番大事だな、としみじみ思う季節でした。